UNDERTALE感想ブログキャラ編(※ネタバレ有)

UNDERTALE感想ブログキャラ編(※ネタバレ有)

posted in: 感想 | 0




それでは(私が)お待ちかね、UNDERTALEの感想ブログです。
今度はばりばりネタバレがございますので、未プレイの方は読まない事をおすすめします。

 

ここから始まりますよ!大丈夫でしょうか!?
ここからは配慮0です!しかも見解も完全私独自でそして語りますので!
えぇ!自己満足ですとも!!

 

今現在私はNルート・Pルートを終え、Gルートにて地獄のSansで止まっております。
ここまでコンテニューを繰り返していると、そこまでして私はこのルートのEDを見たいのか?こんなに拒絶されてまで何をしているんだ?と自問自答してしまいますね。
その辺もうまいこと作られたゲームだなぁと思います・・・ってこの辺の話は後ほど。

今回は「各キャラクターへ思った事、今思う事」を書いていきたいと思います。
多分それだけでアホみたいな長さになるので、ストーリー・ゲームシステムについて思う事はまた次回に。

 

| Toriel ・ Asgore

toriel_asgore

まずTorielさん、初回プレイの際は黒幕的存在なのではと疑ってました。ごめんなさい。
Pルートの際、こちらのライフがなくなりかけると弾幕が自機を避けるのってこれ、私の勘違いじゃないですよね・・・?
本当に優しい方なんだなぁと、バトルのこのタイミングになってやっと気付きました。
Napstablookのカタツムリ牧場での会話ではなんだかしんみりしてしまいますね。
どれくらいの期間Ruinsに閉じこもってらっしゃったのでしょうか・・・。

Asgoreさんはバトルの時はかっこいい王様なのに、この方完全にTorielさんの尻にしかれてますよね。
しかも公衆の面前であろうと気にせずいちゃつくとか、もしやダメな奴なのでは・・・。
そして「人間は殺す」という選択のせいでTorielさんには愛想付かされ・・・。
その選択の是非はおいといて、私の中では「ドンマイ」としかコメントできない方になってしまいました。
まぁでもPルートEDで幸せそうだったのでよかったです。非常に。

お二人には心静かに生きていってほしいですね。
私のGルートが終わらないばかりにその生活に戻してあげられないのが心苦しい・・・。

 

| Flowey

flowey

第一印象は「うわ!なんやこいつ憎たらしい!好き!!!!!!」ってところですね。
胡散臭さ満点で話しかけて来て、案の定あんな表情で「死ね」って。くそーツボ抑えられてるわこれ。
彼にはAsrielとしてだけではなくFloweyとしても幸せになって欲しいんですが、それは多分叶わないんですよね・・・。

あとメタ的な案内人になるとは思ってませんでした。Pルート見てからこの役目の彼をみると罪悪間が・・・。
リセットの度の彼の言葉は毎回突き刺さるものがあります。

しかし彼の表情、すごいですよね。えぐいですよね。
こういう表情は日本のゲームではあまり見れないかもなぁなんて思ってプレイしてました。
カートゥーン的、なのでしょうか。デフォルメでこんなにぞっとする表情ってのはいや本当にすごい。
大好物です。

 

| Sans ・ Papyrus

papyrus_sans

ただ今地獄を見せられてますSansさん。ほんと、ルート回収なんてもののために、すいません・・・。
彼もかなりメタ的な視点を持ってるキャラクターみたいですが、そのへんきちんと考察とかできるんですかね。

Sansさんは多分このゲーム内で一番怖いキャラクターですよね。いや、難易度的な意味ではなく。
飄々としたまんまでいろんな感情が見え隠れるのには「ひぇっ」と思う事もしばしば・・・。
ただそれを上回る魅力!!ナイスガイと言えば良いのか男前と言えば良いのか・・・。
とにかく「良いヤツ」ですよね。
地上でもいくつもバイト掛け持ちするんですかね。

Papyrusの愛すべきアホさ加減は本当に好きです。
しかしあそこまでまっすぐ生きられるとちょっと眩しすぎるというか、Friskは友達になれても私はきついかもしれません・・・。
しかしこのゲームにおいてはそのまっすぐさがいろいろ救いになりました。
Gルート、彼への申し訳なさはほんとずっと足かせになりますね。なのでSansには何度殺されようと恨む気持ちにはなりません。
あ、でもデートでのもやもやは忘れないからな。

この二人は地上でもゆるゆる食い違って生きるんだろうなあ。
Friskとは定期的に会っていてほしいですね。

 

| Undyne ・ Alphys

undyne_alphys

最初は二人ともぎょっとするアクの強さですが、今となってはかわいい女の子なんだなぁという印象。

私は初回から誰も殺さず進めたのでUndyneにモンスター殺しと罵倒される瞬間はなかったのですが、それでもバトル前の時にはなんだか申し訳ない気分になりました・・・。
しかし全てにおいておおざっぱすぎるというか、よく言えば男前なんですが・・・。
親友になるくだりがまさかあんなギャグパートだとは。全部つっこみどころで笑いました。

Alphysはなんというかダメな方のオタク的においがすごすぎて、めっちゃ親近感沸きますね。
非公式パッチの翻訳がすっごいよくて、「うわーこの語り口・・・うわぁー・・・」ってずっと言っていました。
しかし実はかなり重たいものを抱えていて、しかもそれは本人でなんとかしないといけないことで・・・。
PルートEDではそれがなんとかなってそうなので本当によかったです。
というかよくなんとかなったな・・・。
モンスターと人間の感性の違いなんですかね。

 

| Mettaton

mettaton

箱の時とEXの時でちょっと性格変わってますよね。どっちも好きですけど!

彼の「ダーリン」呼びはなんなんでしょうか。
Muffetちゃんもダーリン呼びですけど、Mettatonに言われるとなんかちょっとドギマギするんでやめてほしい。
ひたむきにスターを目指す姿と、いとこを置いて行った葛藤と、でも最後にはその両方が良い形で解決していたのでほっとしました。
ただそのテンションちょっとめんどくさく感じるけど、地上ではちゃんと舞台こなせてるんかな・・・。
あ、そしてEXモードのバトルシーンでの音楽がめっちゃ好きです。
あれかっこよすぎやしませんかね。

Alphysとはいい凸凹コンビで居続けてほしいですねー。
そしてBurgerpantsへは慈悲をあげて欲しいところです。

 

| Napstablook

napstablook

萌えキャラその1。
一挙手一投足を見守っていたい。

でもただただかわいいだけかと思いきや、ちゃんとカタツムリ牧場では働いてるし、あんなに粗暴で怖い隣人ともうまい事つきあってるし、音楽のミックスもできるし、ぜんぜん自立してらっしゃる・・・。
彼を見てると他のおばけ達はなぜ実体を欲しがるのかなぁなんて思ってしまいます。
Mettatonはちゃんとほんとの事を言ってから彼とユニットを組んだのでしょうか。
なんにせよその才能を是非地上で爆発させていただきたいですね。

ただ名前覚えてなかったのは悲しかった。
どうせFriskじゃなく、私pataoの名前も覚えてなかったんだろ!くそっ!

 

| Muffet

muffet

萌えキャラその2。
出て来たときは「うわ!!かわいい!!こんなかわいい子でるなんて聞いてない!!かわいい!!!!」と叫びました。

かわいいしなんかちょっとSっ気あるのとか・・・いいですよね・・・。
蜘蛛達の為にっていろんなことしてはりますが、なんかそれ以外に単純にこちらの反応見て本人が楽しんでるだけ感もあったりするところが最高です。
あの馬鹿高いクモドーナツを買ったら褒めてもらえますかね・・・。

あ!そしてバトルの音楽がめっちゃいい!!です!!
もろチップチューンな音からがらりと雰囲気が変わるとことか、怪しいながら子供っぽさのあるメロディーとか、聴いててめちゃくちゃ楽しいです。
私がサントラを買った理由の1つでもあります。

ファンアートはいろいろ見たんですが、公式の可愛さが軍を抜いてますね。
あんなんバトルになりませんよ。かわいすぎて。

 

| Asriel

asriel

彼のせいで久々にゲームでぼろぼろ泣きました。
彼が幸せになる世界はないのか・・・。

Gルートを進めると結構何回も失敗してリセットを繰り返したので、もう攻略を見ちゃったんです。
なのでCharaの存在を知っているんですが、Floweyの凶暴さってCharaの成分ですよね?
となると彼に落ち度は全くないし、いやほんとなんで救われる要素がないんだ。

Pルートの最後のお散歩の時、自分が「会話」系では隅々まで調べるタイプでよかったと思ってました。
ただRuinsの入り口で花に水をやる姿は物悲しくて、そしてここを自分が離れてしまったらもうAsrielではなくなってしまうと思うと心苦しかったです。
またPルートのEDに戻しても君はこのままなんだよなーと思うと、やるせなさを感じます。

あ、しかしスタッフクレジットのあのドッキリにはやられました。
そしてあれ全部避けるって無理ゲーじゃないですか・・・?

 

さて、他にも魅力的なやつらばっかりなんですが、取り出して語るのはここまでにしておきます。
Monster KidもBurgerpantsもDummy達もその他みーんな素敵でした。
名前がついてないやつらもなんか魅力的ですよね。
弟にリードつけて散歩してるお姉さんはちょっとどうかと思いましたが・・・。

いろいろ深読みするとこのキャラ達の魅力も、このゲームの仕掛けをうまく作動させるシステムの一つなのかなぁなんて思ったりします。
が、そういうのはおいといて好きなものは好き、で彼らを愛したいと思いました。
moonで突きつけられた事実とは違って、あくまで彼らはこのゲームのなかで「生きて」いるので、ちゃんと最後は幸せな状態にしたいと思っております。
まぁそこもいろいろ思う所があるんですが、それは次回の記事で・・・。

今回は考察でもなんでもなくてほんとただ好きなところを羅列しただけみたいになりましたが、いろいろ私が満足したので良しとします。
しかしほんとキャラクター達へ感情移入させて好きにさせるのがうまいゲームですね。
まんまとそこにはまったわけですが。

 

二次創作でいろんな世界線が生まれているようですが、まずはUNDERTALEの皆を愛したいと思います。
バイオレンスじゃない方のLOVEを胸に、とりあえずGルートを終わらせます。

 




Leave a Reply