UNDERTALE紹介ブログ(ネタバレ無)

UNDERTALE紹介ブログ(ネタバレ無)

posted in: 紹介 | 0




さてさて、このサイトを作った目的「ゲームやら映画やらマンガやらの感想を、ネタバレ避けできる状態で書きたい!」をやっと実践したいと思います。
というわけで今回は巷で流行のゲーム、「UNDERTALE」についてです。

まず今回の記事でゲームの紹介を行い、次回の記事でがっつりネタバレ含めた感想を書きたいと思います。
本記事では本編のストーリー等々、ゲームの中身についてはほぼ触れないです。
が、本当に真っ白な状態でやりたい方はこれも見ずに即購入即プレイしてください!
steamで販売されてますからね!
非公式ではありますが日本語パッチを作って下さった方がいらっしゃるので、日本語でのプレイも可能ですからね!

あ!でもここを離れる前に一言だけ!
どうせ後で購入する事になるのでサウンドトラックとパックになってるものをDLしましょう!!

『UNDERTALE』公式サイト
『UNDERTALE』steam販売ページ
非公式日本語化パッチDLサイト

 

 

それでは大丈夫でしょうか?ここからゲーム『UNDERTALE』についてご紹介いたします。

 

| 概要

こちらのゲームはToby Foxさんが制作されたRPGゲームです。
現在は英語版のみのリリースですが、公式から日本語版も出る予定とのこと。
一瞬英語版でプレイしたんですが英語のスラングがよく使われているので、その辺の翻訳のニュアンスとかを思うと公式からの日本語版リリースを待ってもいいかもしれないですね。

海外でとにかく人気らしく、日本でももうかなりの人がプレイしてそうな感じです。
個人的感覚ですが、絵師界隈の方々に人気が出た故にネタバレがすぐ見える所にごろごろ転がってしまってる気がします。
もし真っ白な状態で楽しみたいというなら、何も調べずにsteamのページをまっすぐ目指して下さい。

検索するとネタバレが出てくる恐れのあるワードは

  • ゲームタイトル
  • キャラ名
  • 曲名

まぁ要するに全てです。
ほんとgoogle検索で上に出て来た画像とか、かるーく見ない方がいいやつが出てきます。

 

| ゲームについて

主人公(プレイヤーキャラ)は人間です。

hero

▲主人公。アンニュイな無表情をしている。

後はみんなモンスターです。カートゥーンアニメに出てきそうなポップなキャラクター達が登場します。

ゲーム画面はカラフルなマップ画面とモノクロの戦闘画面がありますが、どちらも少しレトロなドット絵で構成されています。
レトロといってもスーファミ的・・・というよりMOTHER2的、ぐらいですかね。
音楽はチップチューンっぽいピコピコしたものがベースながら、めっちゃ重厚な曲もあったりと様々です。
とにかく音楽めっちゃいいですほんとにいい。素敵。
再三言いますが是非是非サウンドトラックと共に買って下さい。

こちらのゲームは戦闘が非常に特徴的です。
基本はコマンド選択式ターン制バトルです。が、相手の攻撃ターンがなかなか特徴的なんですね。
ただ向こうの攻撃を受ける訳ではなく、STG画面になり弾幕を避けることになります。
なので相手の弾を避けきる事ができれば、こちらのステータスに関係なくノーダメージでクリアする事も可能なわけです。

もうひとつ大きな特徴のもう一つとしては、マルチエンディングなRPGだというのがあります。
しかもEDだけではなく、様々な場面や台詞が主人公の行動によってこまかーーーーーーく変化します。
EDの個数は多くはないのですが、そういう細かい所を含めると「遊び尽くせねーよ!!」ってぐらい作り込まれていると思います。

「主人公の行動」についてですが、これだけは中身に言及しておきましょう。
In this RPG, you don’t have to kill anyone.
こちらはUNDERTALE公式サイトのaboutからひっぱってきた一文です。
プレイヤーが実際にこう行動出来るよ、という説明であると共にこういう風に行動するのをおすすめするよ、という意味だと私は思っています。
ちなみに「must not」ではなく「don’t have to」であるということは、つまりそういうことです。
さて、皆さんはどう行動されますか?

 

| 『UNDERTALE』のやばいところ3つ

最後に個人的に『UNDERTALE』のドツボだったところを3つにまとめてみました。

①キャラクターの魅力がやばい
キャラがですね・・・ほんとに素敵なんです。
デザインだけでなく、性格、個性がみんな強くて、尚かつ魅力的で最高です。
主要キャラクター以外、名前がついてない様なキャラも会話すると楽しいので是非全キャラクターと会話してみて下さい。
MOTHERとかポケモンとか大神とか、あの辺と同じく全キャラと何度も会話したくなるゲームです。
みんな良い意味でアクが強いので、きっと好きになれると思います。

②音楽がやばい
もうずっと言っているので割愛しましょう。
最後にもう一回だけ、サウンドトラック、マストバイ。

③世界に浸る為の仕掛けがやばい
ストーリーをはじめ、このゲームの世界にどっぷり浸かれる、浸からされる仕掛けがすごいです。
ここは詳細が言えませんが、いや、ほんとすごいんです。
制作者のToby Foxさんは多分ゲーム好きな方だと思います。
これはすっごいストーリーテラーってだけでは作れないゲームです。
そして「ビデオゲーム」でないと意味がない作品です。

 

というわけでほんとつらつらと文章ばっかで多分おもしろくない記事を書いてしまいましたが、『UNDERTALE』がとにかくすごいゲームだぞ!というのは伝わりましたでしょうか。
ぜひとも少しでも多くの方にプレイして頂きたいですし・・・、というか私が一緒に「ここってこうだよね!?」「あそこやばいよね!?」と一緒にお話できる人を増やしたいだけですはい。

それでは、未プレイの方は是非楽しんで来て下さい!
プレイ済みの方は次回の記事でお会いしましょう!

 




Leave a Reply